現代日本の男性と女性の求人情報の内容の違いと傾向とは?

job offer

望まれる男性求人とは

現代の日本においては不景気から好景気に転向しているため、男性求人が増えつつあります。それでは今もっとも望まれている男性求人とはどのような職種になるのでしょうか。以前であれば高収入の男性求人が1番の人気でした。例えば自分で起業して社長になったり、一流企業に就職することでその望みをかなえていました。そしてその後は不景気に陥り、安定した職種を求めるようになりました。代表的なものとしては公務員です。一般職であれば最初は給料が安いものの安定は確保されます。
現在の男性求人は働きやすさが1番要求されています。結婚して子供のいる家庭では共働きの世帯が多いのです。女性の産休・育休にも限りがあるため、男性が保育園・幼稚園の送り迎えをする必要があります。よって時間の都合が付きやすい職業が求められます。例えばIT企業はフレックスタイムを利用している会社が多く、出勤時間を遅くして子供を送ることができます。現在IT企業が注目を浴びているのにはそういった理由があるのです。
では非正規雇用の男性求人にはどのようなものが求められているのでしょうか。非正規雇用で働いている人は主に学生・夢を持っているためやむなくアルバイトしている人たちです。これらの人たちは今も昔も求める職種は変わりません。休みたいときに休めて、いかに楽でお金をたくさん稼げるかということです。このように男性求人は正規と非正規では似て非なるところがあるのです。

男性と女性の求人情報の内容の違い

現在の20代の男女の求人情報を比較してみると、女性は求人情報の中の作業内容や職種など自分の持っているスキルや資格等を生かすことができる仕事なのかといったスキルアップを図ることができる求人情報の中身の確認をほとんどの人が行っています。それに比べ男性は休日がしっかりあるのかないのかといった優遇体制の確認行うといった傾向にあります。女性は求人情報の仕事内容を重視しているのに比べ男性は休みがちゃんとあるのかないのかといったことを重視していると言っていたことになっています。
これは女性が社会進出してきていることが大きな原因の1つであり、多くの企業が男性より女性の雇用を多く採用している理由の1つになります。男性と女性の求人情報の内容の違いは今の世の中ほとんどなくなってきています。男性しかできない仕事、女性にしかできない仕事といったのはほとんどなくなっています。男女とも切磋琢磨し同じ土俵の上で勝負ができるといった時代になってきており女性が一歩前に出るといった時代になってきています。
キャリアウーマンと言う言葉があるほど女性が仕事をバリバリするといったイメージが強くなってきています。
男性と女性では求人情報で求めているものが仕事の内容ではなく休みが取れるのかどうかといったことと、仕事のやりがいがあるのかないのかといった仕事をしたい女性・休みたい男性と言うふうにはっきりと分かれてきています。

好まれない男性求人とは

今もっとも好まれない男性求人にはどのようなものがあるのでしょうか。以前は3Kという造語がよく使われていました。すなわち、きつい・汚い・危険に該当する職種が疎まれていたのです。例えば危険物を取り扱う仕事、ゴミの収集、工場内作業が挙げられます。
しかし現在では新3Kというものがあり、その内容はきつい・厳しい・給料が安い、または帰れないと旧3Kとは異なっています。これには社会的背景が関わっているのです。バブル期にはとにかく仕事が多く、お金を稼ぐことができたので体を壊してしまう男性求人は好まれなかったのです。現在では不景気を脱したとはいえ、まだまだ男性求人の平均給与は低い水準になっています。よって「給料が安い」に該当します。また共働きによって男性も子供を保育園や幼稚園に送り迎えをしなくてはならないため、規定の時間に帰ることができないと困ってしまいます。社会的にも過剰な残業時間が問題となっており、これが新3Kに「帰れない」がノミネートされたのです。「厳しい」とは会社内の規則だと考えられます。近年ではコンプライアンスの遵守が推進されているため、会社内での規則がより厳しくなってきています。髪型、服装はもちろんのこと罰則の規定がある会社も少なくありません。
これらのことから時代背景によって好まれない男性求人は変わってきているのです。

TOP